英語力を上げるならこのアプリENGLISH_AF_001

ボキャブラリー

イギリス英語とアメリカ英語(米語)の違いとは?イギリス英語は階級差も

投稿日:

イギリス英語とアメリカ英語(米語)の違い

イギリス英語とアメリカ英語(米語)の違いは、用語の違いに留まらず、発音、綴りなど、様々です。

下で紹介する単語の表からもわかるように、日本語の外来語(カタカナ語)はアメリカ英語(米語)を借用している場合が多いです。

その点は綴りも同じで、イギリスに行き、 centre, theatre, colourなどの綴りを見ると、違和感を覚える人が多いでしょう。

また、建物の1階、2階の数え方も、イギリスでは間違うかもしれません。

イギリス英語とアメリカ英語(米語)の違い(英単語)

 

イギリス英語

アメリカ英語(米語)

市電

tram

street-car

エレべ一夕一

lift

elevator

車掌

guard

conductor

地下鉄

underground, tube

subway

ガソリン

petrol

gas

鉄道

railway

railroad

ピリオド

full stop

period

キャンディ一(飴)

sweet

candy

校長

headmaster

principal

アパ一ト

flat

apartment

1階

ground floor

first floor

お持ち帰り

takeaway

takeout

歩道

pavement

sidewalk

ハンドバッグ

handbag

purse

家庭のトイレ

toilet

bathroom

車のトランク

boot

trunk

階級差のあるイギリスでは、普通の日本人はロンドンなどでは、ほとんど聞き取れない英語に接することになります。

その点、アメリカでは、階級、教育の差による英語の差は少ないです。

アメリカの北東部、西部、 南部と3つの地域では、発音に差異があります。しかし、 イギリスのような身分による差異はわずかです。

アメリ力ではさまざまの階層の英語でも大した違いがないのに比べ、イギリスでは、階層によっては、相手の英語が全く理解できないこともあります。

イギリスでは、一口に階級といっても、upper class (上流階級)、middle class (中流階級)、working class(労働者階級)と分かれ、middle classはさらに、uerと lowerに分かれるのですが、それによって言葉の一部が微妙に違います。

階級ごとのイギリス英語

U (upper class、上流階級)とnon-U (非上流階級)の用語の差をここで挙げてみます。

 

上流階級

非上流階級

house

home

トイレットぺパー

lavatory paper

toilet paper

居間

sitting room

lounge

金持ちの

rich

wealthy

眼鏡

spectacles

glasses

自転車

bike

cycle

付け合わせの野菜

vegetables

greens

気の狂った

mad

mental

また、ここには、出ていないのですが、非上流階級がいくつにも区別されているのですから、階級別すベての用語の違いの表を作ったら、膨大なものになります。

それに加えて、イギリスは、イングランド、スコットランド、 アイルランド、ウェールズという4つの地域から成り立っていますから、地域によるお国訛りもあります。また教育による違いもあるので注意が必要です。

スキマ時間で英語上達!コスパ最強アプリENGLISH_AF_001

-ボキャブラリー
-, ,

Copyright© 英語学習のネタ帳 , 2020 AllRights Reserved.