英語力を上げるならこのアプリENGLISH_AF_001

英語の表現

「行く」というのにcomeを使うときとは?日本人が間違えるgoとcomeの使い分け

投稿日:

goとcomeの使い方

英語で「行く」と言いたい場合、日本語とは違った表現をします。

日本語と同じ発想でgoを使うと間違った表現になってしまうことがあるのです。

ここでは行くと言いたいときのgoとcomeの使い方を解説したいと思います。

go?come?「行く」というときに使うのはどっち?

A君とB君がそれぞれ自宅にいて電話をしています。

2人はこれから遊ぶ約束をして、どちらの家に行くか相談をしています。

A君、 「じゃあ、家に来ない?」とA君が誘います。

これは英語では、"Won’t you come to my house?” となります。

問題は、これに対するB君の答えです。

「うん、じゃあ君の家に行くよ」は、どうなるでしょうか?

“Yes, thank yo. I’ll go to your house.” で良いでしょうか。「行く」だからgoでいいと思えます。

しかし、違うのです。正しくは、goでなく、comeを使うのです。

話している相手の場所へ行くときはcomeを使うのが原則です。

goを使うのは第3の場所に行く場合

goはA君の家でなく、B君の家でもなく、他の第3の場所に行く場合に使用します。

例えば、2人で相談して、 どこかで待ち合わせようという場合なら、 goを使います。

このように、goは「行く」と覚えて差し支えありませんが、comeは厄介ですね。

Spring has come.のように、話し手の所に人や物が「来る」場合に使うことが多いのですけれど、それだけではありません。

話し手が相手の所に移動する時にも使うのですから「行く」の意味の時もあるわけです。

「行く」と訳すcomeを使った例文

・I'll come to your house at once.
すぐ君の家に行くよ。

・"Lunch is ready.” “Yes、I’m coming."
「お昼ができたわ」「行きます」

・I’m coming. I’m coming For my head is bending low I hear their gentle voices calling Old Black Joe.

行きます、行きますよ。私の頭は低く垂れ彼らの優しい声がオ一ルドブラックジョ一と呼んでいるから。※アメリカの童謡オールド・ブラック・ジョー(Old Black Joe)より

スキマ時間で英語上達!コスパ最強アプリENGLISH_AF_001

-英語の表現
-, ,

Copyright© 英語学習のネタ帳 , 2020 AllRights Reserved.