英語力を上げるならこのアプリENGLISH_AF_001

英語の表現

pleaseをつけるだけでは駄目?英語の敬語の使い方

投稿日:

英語の敬語

英語に敬語はないと誤解されることがしばしばありますが、英語にも敬語はもちろんあります。

でも、日本語に比べれば「ない」と言える場合もあるのも事実です。

ここでは、微妙なニュアンスの英語の敬語を解説します。

英語の敬語

 「あの方はリンゴを召し上がりました」という敬語の文章を英語にする場合と、「あいつ、リンゴを食ったよ」という敬語ではない文章を英語にする場合と、違う英文になるでしょうか。

どちらもHe ate an apple.ですね。

それを考えると、日本語にたっぷり存在する敬語、丁寧語などが、英語にはないとも言えます。

それでも、Shut the door.を、Shut the door, please.とすれば、丁寧になると思いますよね。 このpleaseさえ付ければ丁寧な敬語になると、まるで万能薬のように見る日本人が多いのです。

しかし、事はそれほど簡単ではありません。

pleaseをつけても敬語にならない?

海外旅行で飛行機に乗り、“Tea or coffee ?”と聞かれて、“Tea”だけでなく “Tea, please.”と答えれば、礼儀正しい敬語と言えます。

では、英米人の家を訪問して、そこで “Which would you like, tea or coffee ? と聞かれた場合でも、“Tea, please.”で礼儀正しいのでしょうか? どうもそうではないようです。飛行機の中というのは、 ひどく忙しい特殊な状況ですから、客とのやり取りも簡略化されています。

その文脈で許容される “Tea, please.”は、普通の状況では不足、不適当です。 “I’d like tea."とか“I think I will have tea."とか、“Tea would be nice.”など、pleaseを使用しない言い方のほうが望ましいのです。

子供っぽいplease

英米の子供に言葉での礼儀作法をしつけるさい、第一歩としてpleaseの使用を教えます。

子供が“Mom, give me ice cream.”と頼んだら、すぐ与えずに、子供が pleaseを補うのを待つのです。こういうしつけが一般的なので、大人が使うと幼稚な印象を与えかねません。

pleaseは、また強い要求をこめる時にも使います。 “Mr。 Brown, come here at once, please.” と言っても、相 手がぐずぐずしていると、“Please come here at once!” とpleaseに強調を置いて、怒鳴るように言います。決して丁寧でなく、「すぐ来てったら」というのと同じです。

もちろん、言い方もありますから、一概にpleaseは敬語ではないと断定しているのではありません。万能でないと知ってほしいのです。

英語の敬語としては、please以外にも、仮定法があるのをしっかりと認識すべきだと思います。

人にものを頼む丁寧な言い方としては、

Could you tell me the way to the post-office ?

Would you tell me the way to the post-office ?

などのように、can、willをcould, wouldと仮定法にすれば適切です。

丁寧、遠慮、あいまいを表す英語の仮定法

I should thinkの敬語

同じように I should think you are a bit careless.というように、thinkをshould thinkにすれば、「思います」 という断定を弱めて「思うのですけど」のようになります。

文脈によって、I should thinkを「思うベき」と訳す場合もありますが、というか、機械的に「思うべき」と訳す人が非常に多いのです。でも現実には、そういう状況は少ないのです。

I should think you are a bit careless.

少し不注意だと思うのですけど。

I should think the teacher is unkind.

あの先生は不親切だと思うけど、どうかな。

スキマ時間で英語上達!コスパ最強アプリENGLISH_AF_001

-英語の表現
-, ,

Copyright© 英語学習のネタ帳 , 2020 AllRights Reserved.